手元供養は、これまでのお寺などに遺骨を納骨し、お墓で慰霊するタイプとは、異なる方法です。
手元供養は、亡くなった方の遺骨を供養するために用い、一部でオブジェなどに変えて、手元にいつもともなえる形を取って、故人を偲び続けられるというものです。

スポンサードリンク

故人の骨で作る手元供養

手元供養が、遺族の生活スタイルが多様化する中で、核家族が増加し、先祖代々継承しているお仏壇やお墓がない、遠方で足を頻繁に運ぶことが困難だという方などに、手元供養が取り入れられています。

故人を供養するのに、形式ばかりが先行するスタイルに抵抗を感じている方などに、手元供養が新しい手段として用いられています。

手元供養のメリットは、ペンダントなど、肌身離さず持ち歩けるタイプのものがあることから、故人を常に身近に感じられる良さがあります。

手元供養を選ばれている方々の、理由を取り上げてみましょう。

仏壇を置くスペースが、住宅事情の関係で持てない、物質的な問題ではなく、常にそばにいたい、故人の生前からの希望で、場所などで家族に迷惑をかけたくないという意思の尊重、お墓の場所が遠いので、面倒をなかなか見られない、仏壇やお墓の管理が大変だから、埋葬以外の、散骨などといった自然葬への志向などがありました。

手元供養は、通常のお墓の埋葬などと、他の方法との組み合わせで行うタイプの方もいらっしゃれば、手元供養のみの方もいらっしゃいます。
宗教的なこだわりがないので、手元供養では自分流の供養ができます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

手元供養:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://7.fo20.com/kuyo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。